MaxEye.Impact/RB

二次電池 電極材の塗工部・未塗工部を高速・高精度に検査する電極材検査のスタンダードモデル。

リチウムイオン二次電池電極材検査装置 MaxEye.Impact/RB

説明

本装置はリチウムイオン二次電池電極材の塗工部および未塗工部に発生する微細な欠点を検出します。また検査対象が間欠塗工の場合、セル長の寸法計測もおこなえます。

対象ライン

  • 塗工工程、プレス工程、スリッター工程

  • 間欠塗工/ストライプ塗工

検出欠点

  • 塗工部:塗工抜け、塗工スジ、その他

  • 未塗工部:塗工飛び、打痕、その他

特徴

  • 検出能力
    独自開発の高感度センサーを搭載したカメラにより、光沢差の大きい未塗工部と塗工部を同一光学条件で、高速・高精度に検査できます。

  • 欠点弁別
    面積比や縦横比など、欠点の持つ特徴量により欠点の弁別を行います。
    欠点弁別機能により、人の判断に近い欠点の重要度判定が可能になり、品質管理を効率的に行えるようになります。

  • ランク判定
    欠点をその重要度に応じて10段階のランクに分類します。欠点のランクに応じた警報や外部出力などのアクションレベルを設定することで、品質管理のための検査装置を生産管理のツールとしても活用できるようになります。

  • 周期・密集判定
    一定周期で発生する、または一定の面積内に集中して発生する欠点を検出することで、欠点の発生原因を効率的に解析できます。これにより、不良品の流出防止のみならず、不良品を作らないためのツールとして、検査装置をご活用いただけます。

  • 寸法計測機能
    塗工幅(長さ)、未塗工幅(長さ)、表裏ズレなどの寸法計測を行い、測定結果を数値およびトレンドグラフで表示します。測定結果が規定値を越えた場合には、アラーム出力を行い、異常箇所にマーキング可能です(マーカーはオプション)。間欠塗工対応モデルでは、境界部の湾曲差検出が可能です。

  • 安心して使える検査装置
    部品点数の削減、耐障害性の高いハードディスク構成などにより、信頼性、メンテナンス性の高いシステムを実現できます。

仕様

カメラ 2000pix、4000pix/80MHz、2000pix、4000pix、6000pix、8000pix/160MHz
光源 LEDライン照明
新機能 寸法計測機能、裏写りキャンセル機能

このページの先頭へ