テスト環境

サンプルテストの概要

サンプルテストは、欠点(不良品)が弊社の検査装置によって実際に検出できるかどうかを確認するためにおこないます。2週間ほどお客様より欠点サンプルをお預かりし、センシングセンターにてテストをおこないます。テスト完了後、お預かりした欠点サンプルを返却するとともに、弊社営業担当よりテスト結果を説明いたします。尚、お客様のご要望に応じて、秘密保持契約を結ぶ場合もあります。

こういうときにおこないます

  • 新規に検査装置を導入する場合(性能保証)

  • 検査装置を使っている既設生産ラインで、新しい製品を生産する場合

  • 検査装置を使っている既設生産ラインで、新しい欠点が発生した場合

  • 検査装置を使っている既設生産ラインで、見逃し欠点が発生した場合

  • 検査装置を別の生産ラインへ移設する場合

ヒューテックのサンプルテスト

  • 生産ラインにおけるサンプルテストの再現性を一番大切にしています。

  • 「品質向上」「不良品の流出防止」「製品のランク分け」など、様々なお客様からのご要望にたいし、豊富な経験から最適な光学条件をご提案します。

  • サンプルテストの報告内容は誤解のない表現を用いるようにしています。
    例:繰り返しテストにおいて100回中50回しか検出できなかった場合は検出確率50%と表記します。
    例:繰り返しテストにおいて100回中10回検出できても、検出可能と誤解を招く表現は使いません。

  • 最新の検査装置だけではなく、10年以上前の検査装置もサンプルテスト用に保管しています。

品質検証設備
  • 検出に関するお問い合わせ・ご相談については、豊富な人材と綿密なスケジュール管理で、クイックレスポンスを実現しています。

  • 大学や光学機器メーカーと連携し、新しい光学系・光学機器の開発に取り組んでいます。

設備、機材

クリーンルーム(クラス10000)

クリーンルーム(クラス10000)

クリーンルーム

  • 埃を気にせず微細な欠点のサンプルテストが実施できます。

  • 室内にクラス1000のクリーンブースを設置しています。

  • 定期的に専門業者による清浄度測定をおこなっています。

巻替機(リワインダー)

巻替機(リワインダー)

巻替機

  • サンプルテスト専用の巻替機を使ったロールテストが実施できます。

  • より生産ラインに似た環境で導入前テストを実施することにより、納入時における仕様ミスなどのリスクを軽減することができます。

  • 本社の巻替機はクラス1000のクリーンブース内に設置しており、クリーンルーム内での生産品にも対応できます。

巻替機の仕様

[本社]

1.速度: 1-200m/min
2.対応ロール

紙管径:
3インチまたは6インチ(6インチはアダプタを使用)
幅:
最大550mm
ロール径:
最大500mm
重量:
最大30kg

3.検査対象: フィルム(厚さ10um以上) 金属箔(厚さ10um以上)

[東京支社]

1.速度: MAX300m/min
2.対応ロール

紙管径:
3インチ(肉厚6mm以上)
幅:
1250mm~500mm
ロール径:
最大800mm
重量:
最大250kg(リフトの限界重量)

3.検査対象: 各種プラスチックフィルム、ラミネート品等
4.張力: 245N~29N(25kg~3kg)

検査装置(サンプルテスト専用機材)

本社

  • 無地シート面検査装置

    MaxEye.CORE/160C、MaxEye.Impact、MaxEye.AQuO2、MaxEye.next80、MaxEye.C

  • 二次電池電極材検査装置

    MaxEye.AQuO2/RB

  • 印刷面検査装置

    EasyMax.GS Series、EasyMax.GS、EasyMax.CS、EasyMax.CB、EasyMax.Label

  • X線式厚さ計

    AccureX、AccureX/Lab

  • オプション紹介

    マーカー、ネットワーク

東京支社

  • 無地シート面検査装置

    MaxEye next80(or AQuO2)、MaxEye.P、MaxEye.F(or AQuO、FMAX)、PKD-5

  • 印刷面検査装置

    EasyMax.GS、EasyMax.MC2/Ver8(or Ver6)、PCD-K(or SK、EasyMax)

このページの先頭へ