欠点弁別システム2

ディープラーニングを利用した欠点画像の弁別で、より人の判断に近い品質判定を提供します。

仕組み

欠点弁別システム2

LANで接続された検査装置の検査データを欠点弁別システム2にて高精度に弁別します。

対象機種

MaxEye.X/ST/Color/Impact/Basic/CORE160C Series

特徴

  • ディープラーニングによる学習済モデルの作成
    弁別のためのパラメータ設定等、複雑な操作は不要です。

  • 定量化された欠点判定
    欠点判断の個人差によるバラつきをなくし、検査品質を統一できます。
    欠点確認プロセスを効率化し、省人化と歩留まりの向上が可能です。

  • 検査装置メーカーによる一貫したシステム開発
    検査装置から弁別システムまでの一貫したサポートの提供が可能です。
    豊富な光学知識から弁別判定に適した画像を取得することで、より精度の高い結果を提供できます。

  • 品質判定によるフィードバック
    生産ラインに起因する欠点を判定し、原因の特定にかかる時間を短縮できます。

欠点弁別システム2

仕様

OS Windows10 Enterprise LTSC
標準機能 学習済モデル管理機能
検査データ弁別機能
画像データ管理
弁別精度シミュレーション

※ 弁別機能は過去実績のみを対象としています。リアルタイムでの弁別はできません。
※ 弊社での検証は有償にて対応させて頂きます。

このページの先頭へ