EasyMax.CB

60MHzの高速カメラを用いた段ボール印刷検査専用の新システム

EasyMax.CB

用途

段ボール印刷の外観検査

60MHzフルカラーデジタル 業界初

  • 流れ分解能が従来(40MHz)の1.5倍と飛躍的に向上し、生産速度の高速化に対応できます。

  • 60MHzカラーカメラ搭載により、今まで以上に鮮明な欠点画像が得られます。
    ※カメラ画像比較 画像1 画像2 画像3

特徴

  • 段ボールモード搭載:ランダムに発生する原紙異物(ピッチ)をキャンセルさせ、周期的に発生する欠点のみを検出させるモード。

  • バーコード(ITFなど)専用エンジンでバーコードの微細な欠けを安定検出可能となります。

  • LED投光器が標準仕様のため、長寿命(10年間交換不要)で狭いスペースにも設置可能となります。(設置工事が簡単になります。)

  • 位置補正機能により、搬送状態が悪い場合でも、検出性能を維持できます。

  • 領域感度指定機能により、同一パターン内の検出レベルを、重要度に応じて変えられます。

  • 周期性のある印刷欠点を"周期性不良”として、通常の汚れ、異物などの”単発不良”と区分して検出できます。

仕様

カメラ 2048pix、4096pix
デジタルカラーカメラ 合計4台まで
光源 LEDライン照明
処理速度 60MHz
検出回路 6回路
判定回路 幅、長さ、面積
24(6回路×4レベル)
周期判定、密集判定、段ボールモード
欠点画像 最大54万枚(100枚/ロット×5,400ロット)
品種登録 10,000品種
I/O リジェクト信号、インキマーカー(消滅インキ)
機能 位置補正、手動調光
自動モード(検査)移行、監視画像
保守機能 球切れ検知、電源監視、リモート診断※1
補器 警報装置、プリンター、UPS(無停電電源装置)
オプション インキマーカー(消滅インキ)、差し紙マーカー、外付けHDD

※1 リモート診断機能については別途インターネット回線が必要です。

このページの先頭へ

製品情報トップに戻る