MaxEye.Impact R

反復模様のある素材に特化した外観検査装置

反復模様検査装置 MaxEye.Impact R

検査対象

多孔箔、パンチングメタル、電極フィルム、紙、不織布など

特徴

  • 検出処理
    独自に開発した検出回路により、検査対象物にある反復模様のパターンを解析します。そのパターンを基に異なる箇所を欠点として検出します。検査対象物の伸縮や蛇行に影響されることのない安定した検出が可能です。
    ・検出例1(多孔箔の目詰まり)
    検出例1(多孔箔の目詰まり)
    ・検出例2(多孔箔のバリ)
    検出例2(多孔箔のバリ)

  • カメララインナップ
    160MHzの高速カメラ、画素サイズ14µm/80MHzの高感度カメラなど、幅広いカメララインナップにより、多様化する品質要求に柔軟に対応できます。

  • ランク判定
    欠点の重要度に応じて10段階のランクに分類します。そのランクごとに警報や外部出力などのアクションレベルを設定することで、生産管理のツールとしても活用できます。

仕様

カメラ 2000pix、4000pix、6000pix、8000pix / 160MHz、2000pix、4000pix / 80MHz
光源 LEDライン照明、ハロゲンランプ、メタルハライドランプ、蛍光灯
画像処理部 検出回路 4回路(明/暗別TH)
欠点判定 特徴量による欠点弁別(120種)
周期、密集
欠点画像
※5
保存数 最大60,000枚/ロット ※1
転送能力 300画像/秒 ※2
取込バッファ 1024画像/Cam
補助機能 波形モニター、設定アシスト機能、再判定機能、マルチランゲージ対応、自己診断機能、HTML出力、CSV出力

※1 保存ロット数については、欠点の発生状況により変動します。
※2 サーバー機能を分離した場合
※5 256x256pixelの画像による試算

オプション製品 ※3

マーカー ラベルマーカー、インクマーカー、マジックマーカー、インクジェットプリンター、他
ネットワーク Client、上位通信
特殊機能 リモート診断 ※4

※3 追加仕様など、その他ご要望についてはお気軽にご相談ください。
※4 リモート診断機能については別途インターネット回線が必要です。

このページの先頭へ

製品情報トップに戻る