MaxEye.F

無地シート面検査装置のスタンダードモデル

※既にこの商品は生産を終了いたしました。

機能性フィルム、紙、不織布の検査装置 MaxEye.F

検査対象

フィルム、紙、不織布、金属など

特徴

  • 2002年の販売開始から納入実績800台を越えるロングセラー。安定性が高く、様々なご要望に応えることのできる製品です。

  • 合計11の検出回路を備えており、多種多様な欠点を検出することができます。

  • 弊社独自のデジタル伝送により、生産ラインのノイズや静電気の影響を受けることなく、受光器(カメラ)と信号処理盤を標準で100mまで離して設置することができます。

仕様

カメラ 1024pix、2048pix、2500pix、4096pix/40MHz
カラーカメラ対応可
最大4系列、合計64台
光源 蛍光灯、LEDライン照明、ハロゲンランプ、
メタルハライドランプ
画像処理部 処理速度 40MHz
検出回路 11回路
判定回路 幅、長さ、面積
周期、密集
欠点画像 保存数 標準5,000枚/ロット×1,000ロット
転送能力 10枚/秒・システム
取込バッファ 30枚/カメラ
補助機能 波形モニター、自己診断機能、html出力

オプション製品※1

マーカー ラベルマーカー、マジックマーカー、インクマーカー、他
ネットワーク View、上位通信
サポートシステム スリッター支援、ワインダー支援(紙用)、ワインダー制御(紙用)、欠点解析
特殊機能 枚葉処理、アキュームレーター対応、リモート診断機能※2
その他 外部表示盤、簡易防爆構造、盤用冷却装置

※1 追加仕様など、その他ご要望についてはお気軽にご相談ください。
※2 リモート診断機能については別途電話回線が必要です。

このページの先頭へ

製品情報トップに戻る